草むらと地球をもつ手
  • 4月, 2014
  • . Posted by icewhole.com

ポイント交換対象

ツタ

■ポイントの交換対象
発行できるポイントのうち半分(1/2)以上を、復興支援商品(被災地の特産品、被災地への寄附など)に交換することができます。
発行されポイントのうち(1/2)までは、すぐ交換できますし、エコ商品と交換することもできます。

[復興支援商品]
・被災地の特産品
・復興寄附
・被災地の商品券等

[エコ商品等]
・エコ商品
・環境寄附
・エコ住宅の新築またはエコリフォームを行う工事施工者が追加的に実施する工事

発行された復興支援住宅エコポイントの交換期限は、平成27年1月31日までとなっています。
ちなみにこの期限は、木材利用ポイントの発行申請期間と同じものです。


  • 4月, 2014
  • . Posted by icewhole.com

新たな事業

家具

復興支援住宅エコポイントとは異なるもので、「木材利用ポイント」というものがあります。
この木材利用ポイント事業は、地域材を妥当な方法で利用することにより、森や林の適切な整備や保全、そして地域温暖化防止及び循環型社会づくりに貢献し、農山漁村地域の振興に資することを目的としたものになります。

主に、スギやヒノキ、カラマツなどの木を活用した木造住宅の新築や、内装、外装の木質化工事、また木材製品及び木質ペレットストーブ、薪ストーブの購入の際に、この木材利用ポイントを与え、地域の農林水産品などと交換できる事業として発足されました。

木材利用ポイントの発行申請期間は、平成25年7月1日~平成27年1月31日までと設けられています。
ただ、新規の外壁材については、平成25年7月1日~平成26年7月31日までとなっています。

■発行されるポイント数
木造住宅の新築、増築、購入
・1棟あたり30万ポイント
・東日本大震災により「全壊」などと認定され、特定被災区域に住宅を新築等した場合、1棟あたり50万ポイント

壁や床、天井の木質化工事(内装、外装木質化)などは工事内容によって発行ポイント数は異なってきます。
なお、発行ポイントの合計数の上限として定められている数値は30万ポイントとなっています。